よくわかる育毛と植毛の違い

あなたは「育毛」と「植毛」を一緒だと思っていませんか?治療法も異なれば、かかる費用や効果も違います。当サイトで「育毛」と「植毛」の違いを学び、ぜひこれからの治療にお役立てください。

「育毛」と「植毛」は全然ちがいます

育毛剤で本来の髪を取り戻す
▲植毛との違いを知り育毛を始めてみましょう

「育毛」と「植毛」、この2つは一緒に考えられるケースが、少なくありません。
同じように感じる「育毛」と「植毛」ですが、実は全くの別物なのです。

育毛は髪を生やしたり、健康な髪を維持するのが目的です。
発毛剤や頭皮マッサージなどで頭皮の環境を整えたり、毛根に栄養を届け、発毛効果を促します。
毛根が残っている場合、育毛ケアで薄毛を改善する事ができるのが特徴です。

一方の植毛は、頭皮に人工毛や自分の髪を植え付ける、治療の事を言います。
毛根に人工毛や自分の髪を埋め込む事で、髪にボリュームを作るのです。
育毛とは違い新たに髪を作るのが、植毛の特徴です。
毛根自体が無い場合や、頭皮マッサージなどのケア、また内服薬による治療でも発毛しなかった場合、植毛でなら薄毛の悩みを解消できます。

このように、育毛は今現在残っている毛根から髪を生やすケア、そして植毛は髪を植え付けて薄毛を改善する治療という違いがあります。

確実に髪を増やしたいという場合は、植毛がお勧めです。
自分の髪を植毛した場合、見た目が自然というだけでなく、自分の髪ですので拒否反応がありません。
ですので、安全性の高い治療と言えます。
ただ、植毛は自由診療ですので費用は、やはり高額です。
植え付ける範囲によっても費用には違いがありますが、生え際など狭い範囲でも約30万円から50万円程が平均費用と言われています。

頭頂部や頭全体に植毛を行うとなると、かなり治療費は高額になるでしょう。

まだ、薄毛はそこまで進行していない、薄毛を予防したい、また金銭的な負担はかけたくないという場合は、発毛剤などでのケアがお勧めです。
発毛剤であれば月に約1万円程度の出費で済むでしょう。
ただ、効果には個人差がある為、必ずしも発毛するとは限りません。

育毛か植毛、どちらを選ぶかは費用や効果を見極めて、自分に合った方法を選ぶ事が大切と言えます。
■安価なAGA治療薬はこちら
フィンペシアを安く買うならココ
■AGA治療薬は通販を利用
プロペシアは通販がお得
■AGA治療薬のジェネリックなら
エフペシア