あなたは「育毛」と「植毛」を一緒だと思っていませんか?治療法も異なれば、かかる費用や効果も違います。当サイトで「育毛」と「植毛」の違いを学び、ぜひこれからの治療にお役立てください。

金額からみる植毛の違いを知って高知で治療する方法

高知でも頭髪に関連するクリニックがありますので、脱毛や頭髪のボリュームが少なくなったことで悩みを抱える人の拠り所となるでしょう。また高知にあるクリニックにもさまざまな種類があり、AGA治療のように医薬品を使って治療をする方法や植毛といった方法もあります。特に植毛に関してはあまり知られていないことも多く、金額が高くなると想像することで選択肢から外す人も多いですが、植毛の違いをよく知って、高知のクリニックで治療の選択をすると良いでしょう。

まず育毛・発毛と植毛の違いは、一度施術をすればその後のアフターケアがあるか、ないかといった点が挙げられます。育毛・発毛というのは、医薬品によって改善することになりますが、どんなに改善したとしても医薬品を使い続けなければいけません。改善して止めると改善した部分は、また症状が悪化してしまうことになります。よって頭髪の必要性を感じなくなるまで、育毛剤や発毛剤を使い続けなければなりません。

しかし植毛というのは、一度植えると永久的に生え続けます。AGA男性型脱毛症の原因である男性ホルモンの影響を受けていない部分の自毛の毛根を受け付けることになりますので、永久的に生え続けるでしょう。施術後は清潔にしなければなりませんので、いくらかの制約はありますが、その後は何もする必要はありません。一度施術すれば生え続けるというのが、育毛と植毛の違いとなります。

また金額は植毛ということで高く感じる人も多いですが、頭髪を必要とするまで医薬品を使いづける治療であると未来的観測であれば、植毛の方が安い金額になるという報告もあります。自身の頭髪がどのくらいまで必要なのかを換算することで、金額が安上がりになるかも知れないのが植毛です。